埼玉県ふじみ野市 民部佳代の市議会blog

ふじみ野市議会議員民部佳代のブログです。 議会のこと、市政運営のことなど、若干固めの話をゆっくり書いています。 日ごろの活動や考え方はtwitter、facebookで公開中。 公式サイトは http://mimbu.com

市議会

文化事業で電子チケットの導入を-12月定例会一般質問

文化事業で電子チケットの導入を。
12月定例会の一般質問では、文化振興事業をシティプロモーションと位置付けることについて質問します。
今までのふじみ野市の文化事業、申込できるのは「市内在住・在勤・在学」の人が対象になってることが多かった。
どうして市外の人が参加できないのかと聞くと「市の財源でやってることなので・・・」と。
私が市外の音楽会や舞台を鑑賞するときは、それが自治体主催であれ営利目的であれ、友達を誘ってちょっとおしゃれもして、せっかくだからと会場の近くでおいしい食事やお酒を楽しむ。
市外の文化施設で合唱や吹奏楽などに参加して、練習帰りに仲間と食事を楽しむ人も大勢いる。
こんな素敵なホールがあって文化的なイベントがあるって、気持ちにゆとりがある街なんだろうなと思う。
商店街を盛り上げようと年に1度市内の人しか来ないお祭りを開催するのもいいけど、文化事業で市外の人を呼び込んで、そこで過ごしてもらってお金も落としてもらうのも立派なシティプロモーションになる。
そんな視点で、文化事業を推進してほしいと思っています。
そこで問題になるのが、先ほどのチケット。
最近の文化事業は「市内在住・在勤・在学」こそなくなったものの、会場など市内の販売場所までチケットを買いに来なければなりません。
それでは市外の人は参加しづらいし、市内でも場所によってはわざわざ買いにいくのは大変。販売時間も限られています。
お隣の市も町も、いまどきオンラインでのチケット購入は当たり前。ふじみ野市だけが、残念なことになっています。
12月定例会では、この問題について質問します。
日時は12月10日(金)、時間はおそらく午後2時以降。
お時間あれば、ぜひ傍聴にお越しください。
ちなみに、こちらの「夢と魔法の音楽会」。
12月19日15時30分開演の2部ならまだチケットあるそうです。
でも平日にステライーストまで購入しに行かなければなりません。もし希望する人がいれば、代わりに購入しておきます。(小学生以下無料)
4人、立っている人、テキストの画像のようです

緑内障検診受けましたー埼玉県で初の取り組み

今年度からふじみ野市で始まった緑内障検診。
公的に助成して検診を行っているのは、埼玉県内でもふじみ野市だけです。

今年度46歳、56歳になる人(今年の4月1日時点で45歳、55歳の人)が対象で、ちょうど私も対象年齢。市から届いた受診券をもって、予約した「せきや眼科」に行ってきました。

検査では瞳孔を開く目薬をさすので、車では来ないでくださいとのこと。
せきや眼科なら自宅から歩いていけます。

検査ではまず最初に、プシュッと空気が出る機械(眼圧を測定)と遠くに気球が見える機械の検査(屈折検査)、ランドルト環を見る視力の検査を行いました。

この3つは、今までも受けたことがあります。

IMG_0424


その後、暗い部屋に通されて、3つの検査を受けました。涙の流れを調べる検査と、視野の欠けがないかを調べる検査、もう一つは目の撮影かなにか。途中で目薬を差しますが、見え方はあまり変わりません。

最後に問診。
ありがたいことに緑内障、白内障、加齢黄斑変性、すべて問題なく正常でした。

IMG_0436


大人の眼科検診は、私も議会で繰り返しその必要性を訴えていました。
今回、検査を受けたせきや眼科の関谷先生も、市に眼科検診を導入するよう提案していたとのことで、少し話を伺ってみました。

市の検診が46歳と56歳になっているけど、それ以外の年齢では必要はないのかという点。
先生によれば、できれば毎年受けてほしいとのこと。
ただ年齢が上がれば、検査で気を付けなければならない病気も変わってくるので、検査の内容は変わるそう。検査費用も高額になるので、今はまだできないのでしょうとのこと。

IMG_0426


今回受けた緑内障は、日本人の20人に1人がかかる病気。
視神経が傷つき、視野が欠ける病気で、一度症状が進むと治療することはできないため、早く見つけて進行を止めるしかありません。

加齢にによって増える病気ですが、視野が欠けても他の目がカバーするため、自分では気づきにくいそうです。

ふじみ野市では、46歳、56歳と2回の受診のチャンスがあります。
受診券が送られてきた人は、この機会を逃すことなく受診しましょう。

なお目薬を差してもクリニックの中では不自由はなかったのですが、外に出ると眩しくてよく見えなくなりました。予約の際は歩いていけるところか、公共交通で行けるところ、あるいは家族が送り迎えしてくれる日などを選んで、車や自転車は使わないようにしましょう。

2018年市政報告会・新春のつどいのご案内

2018年市政報告会・新春のつどいのご案内です。

民部佳代の市議会での活動報告の後、立食形式で参加者との親睦を深めるのが目的です。
堅苦しくなく気軽に参加できる会です。支援者に限らず、民部と直接話をしてみたいという方にもぜひお越しいただきたいと思います。

 日時:2018年2月24日(土)17時~19時
 場所:ふじみ野市立産業文化センター ギャラリー
    (ふじみ野市うれし野2丁目10−48
 会費:3000円(食事・飲み物代)

人数把握の都合上、2月21日までにメール(kayo@mimbu.com)またはFAX(049-264-4931)、Facebookでお申し込みいただければと思います。



IMG_3462





経済的理由であきらめないー一般質問から

6月15日。ふじみ野市議会6月定例会は無事閉会しました。
定例会の中で行った私の一般質問の中でいくつか成果があったので、書き残しておきたいと思います。


経済的理由で部活動をあきらめない

所得の低い家庭の子に市が給食費や学用品代などを援助する就学援助制度
ふじみ野市の場合、中学校の部活動の費用までは対象になっていません。

いま日本で問題になっている「子どもの貧困」
食べるものや着るものがないという「絶対的貧困」に対しては、生活保護制度がセイフティーネットとして用意されています。生活保護を受けられるのに何らかの事情で受けていない家庭もありますが、それは制度の問題ではなく運用の問題です。

一方で、一見貧困には見えないのが「相対的貧困」。普通の身なりをして、栄養のバランスはともかく、やせ細るほど食べ物には困っていない子たち。
でも他の子が当たり前にできることができない状態が「相対的貧困」です。

例えば、友達とファーストフード店に入っても一人だけお金がなくて水を飲んでいるとか、みんなLINEで連絡を取り合っているのに自分だけスマホがないので輪にはいれないとか。子どもにしてみれば精神的に辛く、屈辱的な経験です。
親が教育的観点からスマホを持たせない家庭もありますが、お金がなくてスマホを持てないというのはまた別で、子どもは劣等感を抱くでしょう。

こうした経験の積み重ねで「どうせ無理」と将来に希望を持てずに無気力になったり、友達との付き合いに距離をおいて、場合によっては不登校にさえなってしまうのが子どもの貧困の最大の問題です。

IMG_2592

さて、中学校の部活動。
任意とはいえ中学生のほとんど全員が何らかの部活動に所属。一緒に過ごす時間が長く、休日の予定も同じなので、友達付き合いも部活の仲間が中心になります。

でも、経済的理由で部活動をあきらめざるをえないとしたら。
普通の子が当たり前にできることを経験するために、部活動の費用も就学援助の対象にできないかという質問でした。

教育委員会からは、前向きに検討したいという答弁。
そして高畑市長から「子どもの貧困というけれど、子どもに何ら責任はない。実施に向けて検討したい」と、事実上OKの回答をいただきました。

部活動の費用といっても遠征費や消耗品費はともかく、個人が所有するシューズや防具は援助の対象としてどうなのかなど細かい点はこれから検討かと思いますが、実施に向けて期待したいと思います。




歩いて行ける距離に子育て支援施設を

ふじみ野市議会6月定例会の民部の一般質問概要(その3)。子育てサロンの質問です。

歩いて行ける距離に子育て支援施設を

ふじみ野の子育て支援体制はここ数年でかなり充実してきました。
認可保育園を去年、今年に複数開園しましたが、それ以外にも在宅で育児をしている保護者と乳幼児の居場所づくりも進んでいます。

日中、乳幼児と母親(または父親)が家庭の中だけに閉じこもっていると、話し相手もなくストレスも溜まりがちです。子どもから目を離せない緊張感もあります。

その点、公共施設や保育園に併設された子育て支援センター児童センター子育てふれあい広場では、イベントに参加したり安全な場所で子どもを遊ばせたりすることができます。子育て世代が顔を合わせて話をすることで、育児ストレスの解消や情報交換の場にもなっています。

_20160601_151047


しかしこれらの施設は、市役所本庁舎、上福岡駅、大井総合支所周辺に集中しているため 、住んでいる地域によっては利用しづらいこともあります。

そこで平成23年度から、小学校の敷地内にある「放課後児童クラブ」内で、児童が利用しない平日の午前中、未就学児とその保護者が交流できる子育てサロンを始めました。現在は、東台小学校、鶴ヶ岡小学校、駒西小学校の3ヶ所で、子育てサロンを行っています。いずれも周囲に他の子ども向けの施設がない地域です。
(資料:ふじみ野市の子育てに関する施設マップ
 
子育てサロンは主に歩いて行ける距離に住んでいる親子が利用しているので、小学校に入学した後もお付き合いが続く仲間を見つけることが可能です。

それでもやはり、周囲に子育て支援の施設がない場所がいくつかあります。
 できれば歩いていける距離、子どもを前に乗せた自転車でも気軽に行ける距離に、子育てサロンがほしいものです。

1カ所は、さぎの森小学校周辺。駒西の子育てサロンから少し距離もあります。
もう 1カ所は東原小学校周辺。近くに東台小学校の子育てサロンもありますが、急な坂を上がらなければならないため、子どもの多い地域なのに東台小の子育てサロンを利用する人は少ないようです。

建て替えで、面積に余裕のできた放課後児童クラブもあります。
子育てサロンを始められないか、質問します。

民部の一般質問は6月10日(金)。4番目の登壇ですので、おそらく午後1時15分からになると思います。
ぜひ傍聴にお越しください。 


Twitter プロフィール
アフラック募集代理店・ファイナンシャルプランナー・ふじみ野市議会議員・小学生の母。最近はfacebook中心。フォローミー。mixiもやっとります

人気ブログランキングへ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

mimbukayoをフォローしましょう
QRコード
QRコード