埼玉県ふじみ野市 民部佳代の市議会blog

ふじみ野市議会議員民部佳代のブログです。 議会のこと、市政運営のことなど、若干固めの話をゆっくり書いています。 日ごろの活動や考え方はtwitter、facebookで公開中。 公式サイトは http://mimbu.com

立憲

働く世代のがん患者支援-12月定例会一般質問

働く世代のがん患者支援。12月定例会、私の一般質問の2つ目のテーマです。
一生のうちに二人に一人がかかるがん。患者の3分の1は65歳までのいわゆる現役世代です。
65歳以上なら老齢年金も受給しているので、がんになっても収入は大きく減りません。
でも現役世代は住宅ローンや子供の養育費・教育費など出費の多い世代。がんになると医療費の負担はもちろん、仕事を休職したり、患者本人や小さな子供のケアのため他の家族も仕事を制限せざるを得なくなったりと、経済的に大きな負担となります。
今までがんに関することは医療の領域とされ、市町村などはがん検診など予防には関わるものの、がんにかかってしまったらその後の支援は病院任せ。がんがまだ死の病だった時はともかく、今は治療を受けながらでも生きられる時代。つまり生活に対する支援が必要になっています。
今回、市に求めたいことは3つ。
1つ目は介護保険が活用されていないこと。
40歳以上のがん患者なら、車椅子や介護ベッドのレンタル、訪問看護や通院の際の介護タクシーなどが介護保険サービスで利用できます。
でも65歳未満の介護が必要ながん患者で、実際に介護サービスを利用した人は1/3程度。高齢者向けのサービスだと思われていて、がんで利用できることを知らなかったという人が多かったそうです。
制度の周知や使い勝手について求めていきます。
2つ目は相談窓口の設置。
介護保険サービスを含め、がん患者が利用できる制度が知られていません。
特に私の周囲には、受給できるのに障害年金を申請していない人が何人もいました。もらえる要件を知らず、また手続きに必要な書類も複雑で、それを揃えるだけでも患者には大きな負担です。そのサポートは行政でやれないものでしょうか。
他にも保育料や国保税の減免制度など経済的な負担を減らす制度や乳がん治療の前に卵子凍結などの費用を助成する制度など、申請しなければ使えない制度も自分で調べるほかありません。もっと患者に寄り添った支援が必要です。
3つ目は40歳未満の患者への生活支援。
病気が進行し在宅で療養するときに利用できる介護保険サービス。これは介護保険に加入する40歳以上でないと利用できません。
そのため介護ベッドを自費で購入したとか、通院のための介護タクシーに往復数万円かかったという話を聞かされることがあります。
自治体によっては40歳未満の患者の生活支援に、介護サービスと同様の補助をしているところも増えており、市でも実施を求めています。
対象人数で言えばふじみ野市内で数人程度かと思いますが、本当に困っている人にこそ行政の支援を届けてほしいと思います。
私の一般質問は、12月10日(金)。他の議員の質問時間にもよりますが、おそらく午後2時以降の登壇になるかと思います。
お時間があれば、ぜひ傍聴にお越しください。傍聴人がいると、勇気づけられます。当日は市役所本庁舎4階の議会事務局で傍聴受付しています。
3人、木、自然、空の画像のようです

埼玉県で新立憲民主党が旗揚げ

立憲民主党が誕生して3年。
その間にも公文書の改ざん、閣僚経験者の不祥事、さらには短絡的な政治主導によるコロナ対策や大学入試改革の混乱など、一強多弱の国会運営で政治に緊張感が失われ国民生活にも影響が出ています。

この状況を変えるべく旧立憲民主党と旧国民民主党が解党したうえで合流。新しく立憲民主党が立ち上がり、その地方組織である埼玉県総支部連合会の設立大会が10月25日に行われました。

県内では、旧立憲民主党の国会議員、総支部長(次期衆議院候補予定者)、自治体議員は、全員新党に入党。旧国民民主党からも多くの議員と総支部長が入党し、新体制では国会議員7名、総支部長5名、自治体議員51名の合計63名でのスタートとなりました。

IMG_0951


総支部連合会の代表は大島敦衆議院議員が就任。
新党が地方議員の信頼の上に成り立っているとして、一つにまとまることを呼びかけました。

また党本部の立場で、枝野代表が挨拶。
コロナ禍で女性や若者で自ら命を絶つ人が増えていることにふれ、国民生活を守るために合流新党を呼びかけた、次の総選挙では菅か枝野かを選んでもらう政権選択の選挙にしたいと、新党結成に向けての思いを訴えました。

民部は、埼玉県連でジェンダー平等推進委員長に就任しました。

安倍政権では女性活躍推進を掲げましたが、指導的立場にいる女性の登用は進まず、女性の正規雇用は減り非正規化が進み、「女性はいくらでも嘘をつく」などジェンダーに対する偏見も目立ちます。

選択的夫婦別姓や性犯罪に対する向き合い方など、ジェンダーに関する政策は立憲民主党と自民党との違いが最も現れる分野です。女性議員の多い立憲民主党ならではの取り組みを行えればと思います。



まずは知ろうーHPVワクチンのこと

10代のお子さんがいる方。
特に高校1年生のお嬢さんをお持ちの方へ。
子宮頸がんなどいくつかのがんの原因となっているウイルスの感染を予防するワクチン(HPVワクチン)があります。
小学6年生から高校1年生までの女の子は、公費で接種できる定期接種の対象になっています。でも残念ながら、市町村からお知らせは届きません。
HPVワクチンは間隔をあけて3回接種が基本で、3回全て公費で打つには高校1年生の9月から打ち始める必要があります。
男性や対象年齢を過ぎた女性がワクチン接種を希望する場合は、全額(5万円ほど?)が自己負担になってしまいます。
世界の多くの国で男性を含めて国の負担でワクチン接種を行っていて対象者の7、8割が接種済みです。一方、日本では制度があるのに対象者には知らせず、その結果、接種率は1%以下になってしまいました。

2604348_s

私自身も最近まで正しい知識をもっていなかったのですが、複数の医師から直接説明を受け、現在高2になる娘と相談して、昨年、公費で打てるうちに3回接種を済ませました。
HPVワクチンについてはマスコミがセンセーショナルな報道でリスクを煽ったあと、安全性が実証されたことをほとんど伝えなかったため、「よく分からないけど何だか怖い」と感じている人も多いと思います。
ワクチンは強制ではありません。
自分で調べてやっぱり不安と思ったら、打たないという選択肢もあります。
でも正しい情報も、無料で受ける制度があることも知らされないまま、将来子宮頸がんにり患していたら。
それが妊婦健診で分かり、子宮を摘出しなくてはならなかったら。
あるいは幼い子どもを残して命を落とすことになったら。
制度があるのに知らせない。
議員という立場として、行政のこんな無責任な態度は許せません。今後、市町村ががんで命を落とした女性の遺族から訴えられることも出てくるだろうと思っています。
まずは知ってください。
産婦人科医、小児科医、公衆衛生の専門医など、医療の第一線で働く医師らが、現状を何とか変えたいと立ち上げたサイトです。↓ みんパピ!ーみんなで知ろうHPVプロジェクト https://minpapi.jp/

小中学校でのタブレット活用など-9月定例会一般質問

9月16日に一般質問のため登壇します。

3月、6月定例会では新型コロナウイルス対策で忙しい市職員に負担をかけないよう、私を含め多くの議員が一般質問を取り下げました。そのため9カ月ぶりの一般質問になります。

事前に通告した質疑内容は次の4点。

1.住民票の写し等のコンビニ交付について
(1)マイナンバーカードの交付率
(2)県内自治体の実施状況
(3)国の財政措置の見通し
(4)市の今後の予定

2.LGBT(性的少数者)への配慮
(1)申請書類等の性別欄の記載
(2)小中学校における対応
 ①制服の選択
 ②通称使用の許可
 ③教職員への研修
(3)パートナーシップ制度導入を

3.内水対策
(1)雨水貯留浸透施設の維持管理について
(2)元福岡・寺尾地域の内水対策
 ①寺尾調節池整備にあたっての県からの説明
 ②これまでの対策と今後の対策
 ③寺尾調節池への排水の許可
 ④寺尾地域との共通タイムライン、地区防災計画について

4.新型コロナウイルス対策を踏まえた小中学校でのICT活用
(1)休校中はどのような活用が行われたか
(2)コミュニケーションツールとして家庭での活用を想定しているか

3492954_s

特に4の学校でのICT活用。
ふじみ野市では今年度中に小中学校に一人1台のタブレット端末と校内LANを整備するための予算がついています。

でも学校が再開されて元のように黒板と教科書、プリントなどをつかった授業ができるようになり、今はプログラミングなど一部の授業を除いてタブレットを使う必要がなくなりました。教室の隅でタブレットがホコリをかぶってしまわないか心配です。

今後、また新型コロナウイルスやあるいは別の感染症が蔓延して学校で学ぶことができなくなったとき、タブレットを生かすことができるのか。
そのための備えとして家庭での活用を想定して、普段から宿題や学校からの連絡をやり取りするコミュニケーションツールとして使うことを提案していきたいと思います。


なお、傍聴は9月16日(水)の1人目。スタートは午前9時半からです。

新型コロナウイルス対策で傍聴人の数を制限していますが、満員になることはないと思います。

興味のあるテーマがありましたら、ぜひ傍聴にお越しください。
受け付けは市役所本庁舎4階の議会事務局受付です。

2020年市政報告・交流会のご案内

ふじみ野市議会議員 民部佳代の1年間の活動報告ののち、参加者との交流会を行います。

日ごろ聞けない市政のことや、国政での動きなど、率直なご意見をお聞かせください。
立憲民主党くまがい裕人参議院議員など、民部とつながりの深い国会議員も参加の予定です。

いままで面識のない方も、一度民部と会ってみたいという動機で構いませんので、ご参加お待ちしています。



84621032_793498961146191_1857739304466382848_o

日時:2020年2月23日(日)18時~19時30分(17時30分開場)

会場:ふじみ野市立産業文化センターギャラリー
埼玉県ふじみ野市うれし野2-10-48
TEL:049-269-4811

会費:3000円
(ブッフェ形式のお食事とお飲み物をご用意しています)

申し込み方法:メール( kayo@mimbu.com)、LINE (@minbukayo )
当日参加も可能ですが、席の準備の都合上、事前にご連絡いただければ幸いです。

なお会場に駐車場はありませんので、お車の方は隣接するソヨカふじみ野の有料駐車場をご利用ください。 


Twitter プロフィール
アフラック募集代理店・ファイナンシャルプランナー・ふじみ野市議会議員・小学生の母。最近はfacebook中心。フォローミー。mixiもやっとります

人気ブログランキングへ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

mimbukayoをフォローしましょう
QRコード
QRコード