6月18日月曜日の朝、通勤通学時間に起きた大阪地震。小学校のブロック塀が倒れ9歳の女の子が亡くなりました。
現場の映像を見るとどうしてこんな危ない壁が放置されていたのかと驚きますが、見慣れてしまうとその危険が認識されなくなってしまうのでしょう。

ふじみ野市にも見慣れた場所で危険なブロック塀があるかもしれません。
早速、教育委員会に問い合わせたところ、ただちに市内の小中学校の点検を実施しているとのこと。
また後日、全ての市内の公共施設を点検するという報告が議会にも届きました。市の対応に感謝しています。

ただし市内にある民家などのブロック塀。改めて気にして通ると、現在の建築基準法には適合しないと思われる場所も見受けられます。個人のお宅のものなので公開はできませんが、穴が開いたデザインブロックを多用して鉄筋が入っていないと思われるもの、控え壁と呼ばれるついたて状の支えがないもの、高さや幅が規定から外れているものを多数見つけました。
(参考:埼玉県・ブロック塀石塀の点検・補強方法)

IMG_4630


写真の壁は市が駐車場として使っている土地と民地との境にあるもの。壁の下の段がずれています。
裏から鋼柱で補強しているので現在は問題ありませんが、何もしていなければ倒れる危険があります。
似たような壁も身近にあるのではないでしょうか。

特に通学路にあるものについても教育委員会に対応を尋ねましたが、こちらもできるだけ早く点検をすすめたいとのこと。
ただ問題は危険なブロック塀が見つかったとして、それを撤去する責任を負うのは塀の所有者。学校は通学路を見直すくらいしか対応が取れません。

いくつかの自治体では、ブロック塀の除去に補助金も出しています。
例えば相模原市ではすでに市がスクールゾーンのブロック塀・石塀の安全点検を行っており、危険な塀の撤去費用のうち最大で3/4を市が補助しています。

ふじみ野市の制度を確認したところ、生け垣を設置するときに最大で3万円を奨励金として支給、その際既存のブロック塀を撤去する費用として最大で2万円の加算があるそうです。(生け垣設置奨励金
主に緑化を目的にしているようで、撤去する壁が危険かどうかは関係ありません。

大きな地震のたびに、ブロック塀の危険が指摘されてきました。今また、もしかすると自宅の塀が危ないのではと思っている人もいることでしょう。
今回の死亡事故を教訓にして、多くの人がブロック塀の危険に関心をもっている今こそ、点検と危険なブロック塀・石塀の撤去に、行政が財政的な後押しをしてもらいたいと思います。
ふじみ野市ももちろんですが、できれば県や国全体の問題として取り組んでほしいものです。