埼玉県ふじみ野市 民部佳代の市議会blog

ふじみ野市議会議員民部佳代のブログです。 議会のこと、市政運営のことなど、若干固めの話をゆっくり書いています。 日ごろの活動や考え方はtwitter、facebookで公開中。 公式サイトは http://mimbu.com

コロナ

子どものインフルエンザワクチンも全額補助

これから冬にかけてインフルエンザが増えるシーズン。新型コロナウイルス感染症の同時流行で、医療体制に負担がかかることが懸念されています。

そこでふじみ野市では今年度に限り、65歳以上の高齢者、生後6か月から中学3年生までの子ども、妊婦を対象に、自己負担なしで予防接種が受けられるようになりました。

9月25日、ふじみ野市議会9月定例会の最終日。
これらの費用が補正予算として提案され、全会一致で可決されました。

以下、質疑の中で明らかになったことです。


事業の内容

65歳以上の高齢者については、例年は1回1500円だった自己負担分を市が負担します。
60歳以上、65歳未満で免疫機能に障害がある方(身体障害者手帳1級程度の方)も対象です。

加えて生後6か月の誕生日前日から中学3年生までの子どもと妊婦も、通常は1回4000円程度かかる費用を全額市が補助します。なお12歳までの子どもは4週間程度の間隔をあけて2回接種、13歳以上は通常1回接種です。回数やスケジュール等については、医師にご相談ください。

高齢者は定期接種、子どもと妊婦は任意接種となります。( 定期接種と任意接種の違い )


実施期間

2020年10月1日から2021年1月31日までの接種が対象です。その期間を過ぎると全額自己負担になるので、注意してください。

なお厚生労働省から高齢者以外は接種時期を10月26日以降に遅らせるようにとの協力のお願いが出ていますが、あくまで「お願い」であり、ふじみ野市では対象の年齢であれば10月1日から市の負担で接種できるとのことです。特に子どもは免疫を得るために2回接種が必要なことから、早めに接種したほうがよさそうです。

医療機関ではすでに今年のインフルエンザワクチンの予約が始まっています。今年はワクチンを確実に確保するため、予約のみ受け付けているところもあるようです。


3852838_m


今回の議案審議の調査で知ったことですが、子どものインフルエンザワクチンは1994年まで定期接種だったそうです。インフルエンザは子どもが集団生活をおくる学校が感染の源となることが多く、子どもに対して感染予防をすれば社会全体での流行が防げるとされていたからです。

その後、ワクチンに対する不信感や子どもにだけ接種するのは人権侵害ではないかなどの世論に押されて任意接種となり、「病気は個人が防ぐもの」という意識に変わってきました。

しかし今回の新型コロナウイルス感染症の拡大をみれば、感染症は個人で防げるものではなく、やはり社会全体で取り組まなければならない問題だということが分かります。

高齢者や子供に限らず、人と接する機会が多い人はインフルエンザワクチンを接種して感染拡大に協力したほうがよさそうです。



小中学校でのタブレット活用など-9月定例会一般質問

9月16日に一般質問のため登壇します。

3月、6月定例会では新型コロナウイルス対策で忙しい市職員に負担をかけないよう、私を含め多くの議員が一般質問を取り下げました。そのため9カ月ぶりの一般質問になります。

事前に通告した質疑内容は次の4点。

1.住民票の写し等のコンビニ交付について
(1)マイナンバーカードの交付率
(2)県内自治体の実施状況
(3)国の財政措置の見通し
(4)市の今後の予定

2.LGBT(性的少数者)への配慮
(1)申請書類等の性別欄の記載
(2)小中学校における対応
 ①制服の選択
 ②通称使用の許可
 ③教職員への研修
(3)パートナーシップ制度導入を

3.内水対策
(1)雨水貯留浸透施設の維持管理について
(2)元福岡・寺尾地域の内水対策
 ①寺尾調節池整備にあたっての県からの説明
 ②これまでの対策と今後の対策
 ③寺尾調節池への排水の許可
 ④寺尾地域との共通タイムライン、地区防災計画について

4.新型コロナウイルス対策を踏まえた小中学校でのICT活用
(1)休校中はどのような活用が行われたか
(2)コミュニケーションツールとして家庭での活用を想定しているか

3492954_s

特に4の学校でのICT活用。
ふじみ野市では今年度中に小中学校に一人1台のタブレット端末と校内LANを整備するための予算がついています。

でも学校が再開されて元のように黒板と教科書、プリントなどをつかった授業ができるようになり、今はプログラミングなど一部の授業を除いてタブレットを使う必要がなくなりました。教室の隅でタブレットがホコリをかぶってしまわないか心配です。

今後、また新型コロナウイルスやあるいは別の感染症が蔓延して学校で学ぶことができなくなったとき、タブレットを生かすことができるのか。
そのための備えとして家庭での活用を想定して、普段から宿題や学校からの連絡をやり取りするコミュニケーションツールとして使うことを提案していきたいと思います。


なお、傍聴は9月16日(水)の1人目。スタートは午前9時半からです。

新型コロナウイルス対策で傍聴人の数を制限していますが、満員になることはないと思います。

興味のあるテーマがありましたら、ぜひ傍聴にお越しください。
受け付けは市役所本庁舎4階の議会事務局受付です。

新型コロナ対策で専決処分-小中学生へタブレット貸与など

新型コロナウイルスに対応するため、ふじみ野市でも補正予算が組まれました。

緊急を要するため、専決処分(議会の議決の前に執行)で5月15日付で予算執行するとの報告が議会の代表者にありました。


1.特別出産給付金(新生児一人あたり10万円)

 国の一人10万円の特別定額給付金は、4月27日時点で住民登録している人が対象です。
妊娠中で4月28日以降に出生した赤ちゃんは支給の対象とならないため、市で独自に10万円を給付するとのこと。今年の12月末までに出生した子を対象にしています。

給付金10万円を560人分と給付の事務にかかる費用、合わせて5,633万円の予算が計上されました。

babyFTHG7718_TP_V



2.ひとり親家庭に対する緊急支援給付金(児童一人あたり3万円)

 パートなどで働くひとり親は、新型コロナで特に大きな経済的影響を受けていると考えられます。
そこで収入が一定基準以下のひとり親に支給している児童扶養手当に、児童1人あたり3万円(1回限り)を上乗せして支給することになりました。

 国会でも立憲民主党を含む野党が児童扶養手当の増額する法案を衆議院に提出(5月15日)していますが、それより一足早くふじみ野市で行うことになりました。

児童714人分と事務費を合わせ、2,219万円の予算です。

IMG_9940 (1)



3.小規模事業者に対する支援金(事業所あたり10万円)

 新型コロナの影響で売上が25%以上減少した市内の小規模事業者が、引き続き事業を継続するため事業継続臨時支援金を1事業所あたり10万円給付します。

市内2000事業所分と事務費で、2,004万円の予算を計上しています。


4.小中学校にタブレット端末を配置

 臨時休校が続く市内の小中学校で、オンラインで教材を出したり動画や双方向で授業を行う取り組みが進められています。家庭によっては児童生徒が利用できる端末が確保できないケースもあるため、市でタブレット端末を購入し児童生徒に貸与します。
自宅にインターネットを利用できる環境がない場合は、学校のパソコンルームを開放するなどして対応する予定です。

 タブレットはもともと国が進めるGIGAスクール構想で、2023年度末までに児童生徒一人1台を配置する計画で、今年度は学校に電源ユニットやネットワーク環境を整備する予算がついていました。
 その計画の前倒しとして、タブレット端末購入を急ぐものです。まずは、1,900台、1億1,514万円が予算計上されました。



これらの財源は当面、市の財政調整基金を取り崩すとのこと。

 予算の概要について報告を聞いただけなので、給付などの要件やスケジュールは今のところ私の方では分かりません。ふじみ野市の公式サイトや、該当者には個別の通知などでお知らせされる情報をチェックしてみてください。





Twitter プロフィール
アフラック募集代理店・ファイナンシャルプランナー・ふじみ野市議会議員・小学生の母。最近はfacebook中心。フォローミー。mixiもやっとります

人気ブログランキングへ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

mimbukayoをフォローしましょう
QRコード
QRコード