埼玉県ふじみ野市 民部佳代の市議会blog

ふじみ野市議会議員民部佳代のブログです。 議会のこと、市政運営のことなど、若干固めの話をゆっくり書いています。 日ごろの活動や考え方はtwitter、facebookで公開中。 公式サイトは http://mimbu.com

ふじみ野市

2019年活動報告会&応援カフェ

毎年開催している市政報告会ですが、今年は4月に向けて新しく事務所を開設するので、そのお披露目を兼ねて「カフェ」形式で対話集会を行います。(アルコールは出ないよという意味)
どなたでも気軽に参加できます。質問、ご意見、アドバイス等々、お待ちしています。

日時:3月16日(土)15時~16時半
場所:民部佳代事務所(4月末まで期間限定で開設)
   ふじみ野市市沢2-14-8 

   ふじみ野駅から徒歩12分
   セイコーモータースクールを目印にお越しください。

応援カフェ


おいしいコーヒーやおやつをご用意していますが、公職選挙法により有権者に無償で提供することができません。会費として実費の500円をいただきますことをご了承ください。

当日参加も可能ですが、会場設営の都合上、事前にメールにてご連絡いただければ幸いです。


ふじみ野市の性教育は?-12月定例会で質問します

ふじみ野市では小中学生にどれだけきちんとした性教育を行っているんだろう?

熱心に性教育に取り組んでいる埼玉医科大学の産婦人科医、高橋幸子先生。
高橋先生の活動を新聞記事で読んだのをきっかけにFacebookでつながり、以来、性教育についていろいろと情報をもらっています。

性教育というと、性交や避妊について教えることと思いがち。
でもその本質は、自分と大切な人の身体を守るための必要な知識だと改めて考えるようになりました。

例えば小学校低学年の子にも「水着で隠れるところはプライベートゾーン。他人に見せたり触らせてはいけない自分だけの大切な場所」と教える。

子どもが不審者に狙われないための防犯教室は小学校でも行われていますが、性暴力は見知らぬ不審者ではなく、親族や習い事の指導者、近所の上級生など、身近な人が加害者になることも少なくありません。

でも子どもは大人に対して、おかしいな、嫌だなと思っても抵抗できない。内緒だよと言われたらその約束を守ってしまう。それはいけないことだと教えることが、自分の身を守ることにつながるのです。

では学校では実際にどのような性教育が行われているのでしょう。
先日、川越市の公立中学校で行われている性教育の授業を見学してきました。

20181127_005932213_iOS

講師は前述の高橋幸子先生。生徒は中学3年生です。

LGBTから始まり、交際の12の段階、デートDV、お互いの同意、性交、妊娠、出産、避妊、性感染症など、将来、いつか自分や身近な人が経験することを、2コマ(90分の授業)で教えていきます。

性感染症にも詳しく触れていて、誰にでもうつる可能性があることや不妊の原因にもなりうることを生徒たちに伝えていきます。

またいま妊娠したらどうなるか、将来子どもが欲しいなと思うならいつ頃がいいのかなど、生徒のこれからを考えさせる内容も。これから大人になる全ての子に知っていてほしいと思いました。

川越市は全ての中学校で、産婦人科医など外部講師を招いての性教育ができるよう保健所が予算をとっています。埼玉県内では、他に熊谷市、草加市、志木市、八潮市が、外部講師による性教育が行われているそうです。

残念ながらふじみ野市では、その予算がとられていません。
学習指導要領では保健体育と道徳で心身の成長や男女の違いを学びますが、どこまで自分の身体を守るために必要な知識を教えているのか。

12月議会の一般質問では、性教育について取り上げたいと思っています。

私の一般質問は12月11日(火)の午後1時15分からを予定しています。(他の議員の質問次第で前後する可能性があります。)

他に、がん対策、成人式についても質問します。

お時間があれば、ぜひ傍聴にいらしてください。
ふじみ野市役所本庁舎4階で傍聴の受付を行っています。





成人の眼科検診に助成をー一般質問で登壇します。

9月定例会での一般質問。民部は、9月14日(金)の9時半から登壇します。
ふじみ野市役所4階で受付をすれば、どなたでも傍聴できます。
お時間ある方はぜひ傍聴にお越しください。傍聴人が多いと、やる気がでます。


今回のテーマは4つ(順不同)

1.成人の眼科検診に助成を
2.小中学生の自転車安全利用
3.コワーキングスペースを活用した起業支援
4.消防団員の準中型免許取得に補助を


FE82E047-D270-45AE-B2A9-13AFA9070951


写真は最近何かと手放せなくなった眼鏡。
単なる老眼だろうなと市販のものを買って使ってましたが、そういえば眼科検診って受けられるんだっけ? 私は国民健康保険。市の制度で歯科検診の助成がありますが、眼科検診は対象ではありません。
高齢になって緑内障などで失明する人もいますが、本当は40歳過ぎたら定期的に検診したほうがいいとのこと。

そんなことを踏まえて、質問します。

仕事と介護の両立支援-土日・祝日に相談できる体制を

12月定例会の民部の一般質問。4項目の質問のうちの2つ目。仕事と介護の両立支援について質問します。


仕事と介護の両立支援


 高齢の親のことがそろそろ心配だなと思ったとき、どこに相談すればいいのかご存知でしょうか。
介護に限らず、財産の管理が心配だとか、自立して生活しているけどゴミ出しが難しくなってきたとか、高齢者のちょっとした相談ができるのが、地域包括支援センター

地域包括支援センターという名称では分かりにくいため、ふじみ野市では「高齢者あんしん相談センター」という呼び名で市内4カ所で相談を受け付けています。(ふじみ野市公式サイト参照

961ad5985467a25c3514f77e56452a71_s



ふじみ野市の高齢者あんしん相談センターは、現在のところ平日の月曜日から金曜日のみの開所です。
働いている人が親のことで相談に行くには、平日に休みを取らなければなりません。

でも週末や長期休暇で親のところに帰った時に、親の変化に気づいて相談したいということもあるでしょう。

また平日は病院などに付き添うため年に5日の介護休暇はとれますが、それ以上の休みは取りにくいという人もいるでしょう。介護休業は93日を上限に連続でまとめて取得することになりますが、親が急に倒れるなど余程のことがない限り使いづらい制度です。

問題が大きくなる前にちょっと相談しようかというとき、高齢者あんしん相談センター(地域包括支援センター)で土曜日、日曜日、祝日に相談できる体制が必要です。

今回の一般質問で、仕事と介護の両立支援として、土曜日、日曜日、祝日に開所できないか質問します。

民部の一般質問は12月12日(月)、10時ごろ登壇します。
お時間のある方は、ぜひ傍聴におこしください。ふじみ野市役所4階で受付しています。


市民がふるさと納税で市を応援ー6月定例会の一般質問

6月定例会の一般質問でふるさと納税について取り上げたので、結果報告。

ふるさと納税というのは正確には"納税"ではなく、自治体への寄付です。
だから返礼品として特産品のたたき売りするより、この活動を応援したいという気持ちを引き出して寄付を募ったらどうかと議会で提案しました。(詳細は、以前のブログを参照してください)

さらに寄付は市外の人から集めるだけでなく、市内からも寄付を集めてはどうかとも提案。
ふじみ野市民がふじみ野市に"ふるさと納税"しても、意味がないんじゃないの?と思われるかもしれません。そこで財政への影響がどうなるか、市に質問。回答をもらったので、少しかみ砕いていて紹介します。

DSC_0674 1


市民のふるさと納税で市の収入は増える

年収500万円で、家族は専業主婦と子ども一人の人がいたとします。仮にAさんと呼びます。

Aさんが市外に3万円の寄付(=ふるさと納税)して、寄付控除を受けた場合。Aさんの所得税、住民税は2万8千円少なくなります。そしてAさんは返礼品を手に入れる。2千円以上の返礼品をもらえば、3万円寄付してももうけの方が大きくなります。

一方、ふじみ野市の財政。
Aさんが納める個人市民税は少なくなりますが、そのいくらかを国からの地方交付税で補填する仕組みがあります。市の回答によると、Aさんが3万円寄付しても、市の減収分は4千円とのこと。

今度はAさん、市外ではなく、ふじみ野市の子どもたちのために使ってほしいと市に3万円を寄付したとします。市内に寄付をしても、寄付控除を受ければ2万8千円、納税額が減ります。Aさんにとっては差し引き2千円の負担です。

そしてふじみ野市の財政。
先の例と同様に4千円の減収はありますが、3万円の寄付もいただきました。市にとっては差し引き2万6千円、使えるお金が増えたことになります。

これはすごいことだと思いませんか。
新しことをやるとき財政が厳しいと諦める前に、「こんなことを実現したい。市民のみなさん、市外の人でも結構です。ぜひ応援してください」とPRしてお金を集めることもできるのではないでしょうか。


現役世代が見える形で市を応援

ふじみ野市は市民との協働を推進しようと、高齢者の見守りや小中学校への協力、防犯パトロールや災害対策、環境美化など、様々な形で市民に活動への参加を呼び掛けています。

ところが地域活動に参加しているのは、どうしても現役を引退した世代に偏ります。最近は学生の参加もありますが、30代~50代の参加はとても少ない。それは当然のことで、現役世代は仕事があるし家庭でも子どもに手がかかるため、地域活動に参加する時間がないのです。

残念ながら、地域活動に参加しない現役世代に対して、地域に関心がない層、貢献する気のない層ととらえる声もまれに聞こえてきます。そこまでいかないにしても行政運営では、どうしてもいつも顔を見ている人、声の大きな人を意識する場面が多くなってしまいます。でも行政運営でもっとも重要な貢献は納税だし、子どもを育てることは未来への責任のはず。

その点、ふるさと納税は時間のない現役世代でも市の取り組みを直接的に応援できる制度だし、寄付を通じて市の事業に関心をもってもらう機会になります。

河岸記念館


待っていても寄付は集まらない

それでも返礼品に頼らず寄付を集めるのは大変です。

当初の提案した通り、応援したくなるような使い道でなければ寄付は集まりません。
また何に使うか明確にしても、それが寄付者に伝わらなければ意味がありません。そのため、ネットや市報などを通じてプロモーションが必要です。当然、集まった寄付がどのように使われたかの報告も必要です。

市への寄付なので、団体などに補助金として出す場合は要項の整備や寄付が集まらなかったときにどうするかなど、ルールも作らなければなりません。

寄付の額や時期は予測できないので、必要な時に使えるよう貯めておく仕組みも必要です。市の収入は年度内に使いきらなければ、他のお金と一緒にされ繰越金として来年度に回されます。目的のためだけに使いたいのであれば、目的を決めて基金という貯金箱(?)に入れて他のことに使わないようにしなければなりません。
基金を新たに作るには、条例の制定が必要です。

新たな提案なので議会答弁もすぐにやるという訳にはいきませんでしたが、基金については今後検討するとのこと。引き続き議員として担当職員とも一緒に勉強しながら、市民の力を引き出すためにふるさと納税を後押ししていきたいと思います。

 
 
Twitter プロフィール
アフラック募集代理店・ファイナンシャルプランナー・ふじみ野市議会議員・小学生の母。最近はfacebook中心。フォローミー。mixiもやっとります

人気ブログランキングへ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
mimbukayoをフォローしましょう
QRコード
QRコード