4月14日。いよいよふじみ野市議会議員選挙が告示になりました。

3期もやれば政策的に実現できたことも多くあります。
でも私は「これをやりました」と自分で宣伝するのは嫌い。

市の政策も、実際に企画や運営をやっているのは市の職員だし、その財源はみなさんが仕事をしたり、買い物をするときに収めた税金。私がやったというのは、ちょっと違うなと感じています。

それよりも伝えたいのは政治姿勢。
私は政府のいう「一億総活躍」いう言葉に違和感を持っています。

国民の中には、病気や障害を持っていたり、子育てや介護に忙しかったり、歳を重ねて身体も弱っていたり・・
いろんな事情で「活躍」できない人がいます。
一人一人の事情を顧みず、上から目線で国民すべてを労働力とみなした言葉が「一億総活躍」。

それよりも、私自身のキャッチフレーズ、「一人一人に優しいまちを」にあるように、一人一人に目を向け、どんな立場の人でも、活躍していてもしていなくても、それぞれが尊重される社会にしたいと思っています。

議員生活の中で、いろんな苦境にある人に出会って、微力ですが力になりたいと思って働いてきました。
これからも、そんな活動を続けていきたいと思っています。

出陣式では、そんな話をさせてもらいました。

今回も、ウグイスやドライバー、事務所の作業やポスター張りなど、多くの仲間が私の選挙に協力してくれました。
仲間とともに最後までがんばりますので、どうかよろしくお願いします。
FEDC50A6-DE4C-49D7-9A64-95F21137633A