12月1日からふじみ野市議会の12月定例会が始まりました。

市長からは新しい条例も2つ、提案されました。議案の審議はこれからですが、提案された主な議案を紹介します。


1.平成28年度一般会計補正予算(予算の修正のことです)

庁内の情報セキュリティー対策、生きがい学習推進計画策定のための審議会・コンサルタント費用、障がい者福祉サービスの利用者増による修正、市内循環バスの負担金増額、回漕問屋福田屋および旧大井村役場庁舎の改修費費用などが計上されました。

少し大きな補正として、大井総合体育館と武道館大規模改修にかかる費用が、4億7千8百万円ほど計上されています。



2.ふじみ野市手話言語条例

手話は日本語をそのまま手のサインに置き換えたものではなく、独自の言語として発達しました。
そのため日本語独特のニュアンスが伝わらなかったり複雑な表現が苦手だったりと、ろう者とコミュニケーションをとるには配慮も必要になります。
この条例で手話を言語として定義し、学ぶ機会の提供や市の財政的な措置などを条例で定めるようです。
埼玉県にもすでに手話言語条例がありますが、その下に市が手話言語条例を制定する効果などを審議したいと思います。
job_fudousan_kanteishi



3.空家等対策の推進に関する条例

ふじみ野市には「空家等の適正管理に関する条例」がすでにありますが、その後、国で「空家等対策の推進に関する特別措置法」ができ、市ができることが広がりました。

そこで「空家等の適正管理に関する条例」を全面的に改訂し、新たな条例として提案されています。
特に、倒壊や火災の危険があるなど、著しく状態の悪い空き家等に対して、市が取り壊すなどの代執行が可能となる内容です。
ただし、空家といえども私有財産。行政が代執行する際の手続きなども、審議されることと思います。


4.体育館条例の一部改正

上野台体育館と駒林体育館の2つについて現在は全面利用しかできませんが、もっと有効に利用できるようにするため、1/3の利用を可能にする改正です。


提出議案の議案書や審議日程などは、ふじみ野市議会の公式サイトをご覧ください。