埼玉県ふじみ野市 民部佳代の市議会blog

ふじみ野市議会議員民部佳代のブログです。 議会のこと、市政運営のことなど、若干固めの話をゆっくり書いています。 日ごろの活動や考え方はtwitter、facebookで公開中。 公式サイトは http://mimbu.com

ふじみ野市の話題や政治の話題を分かりやすく普通の言葉で

大井総合支所の建替えと消防本部移転

 ふじみ野市の大井総合支所の建て替えにともなって、同じ場所に入間東部地区の消防本部が移転することが事実上決定しているのですが、総合支所付近の住民や川越街道の東側に住む住民から反対の声や心配の声を度々聞きます。

 昭和49年に建設された消防本部も老朽化し、建て替えが必要なことは以前から言われていました。また平成18年度には(財)消防化学総合センターが調査を行い、消防本部(中央消防署)と大井分署をひとつにまとめ、その中間点である「役場入口」に新しい消防本部を移転することが望ましいという結論が出ていました。
 その後、老朽化している大井総合支所を建て替えるにあたり、その場所の一部を利用して消防本部を移転する話が、急きょ決定したのです。

この決定に対して、いくつか問題があります。

 ひとつは、消防本部移転について地元住民に事前の説明もなく、関連予算が議会に提出され決定してしまったこと。

 また建て替え後の総合支所の機能や消防本部移転に伴う周辺整備について、具体的な計画が提示されていないことが挙げられます。

 事前に説明がなかったことについて、市長は市民の代表である議会の承認を得たので問題ないという説明をしています。また老朽化している消防本部の建て替えを早急に行う必要があること、消防本部の用地確保のため隣接する土地の地権者の了承を得ないまま住民への説明はできなかったことも理由になっているようです。

 確かに行政手続きとして、議会が予算を承認した以上、それを実行に移すことは一向に問題はありません。
 しかし周囲の住民が、消防車の音がうるさくて生活環境が一変するのではないか、総合支所の機能が縮小されて不便になるのではないかという不安を抱えたまま消防本部が移転することは、住民にとっても、また市民の命と安全のために働く消防署職員にとっても歓迎すべきことではないでしょう。

 老朽化は以前から分かっていたことなのに、なぜ住民との十分な話し合いの時間を持たないまま結論を急いだのか、その政治手法としては疑問が残ります。
 市長のマニフェストには「行政や議会が市民の知らないうちに、何でも勝手に決めていく時代ではありません」とありますが、同じ市長がやっていることなのかと不思議に思うほどです。

さらに、再整備の中身の問題。
総合支所の機能については話が長くなるので改めて書きたいと思うのですが、消防本部があの場所に来ることもさまざまな不安があります。

 現在の総合支所から川越街道を越える道路は所沢方面からの抜け道になっていて、朝夕はかなり渋滞します。ダンプなどの大型車も迂回路として通る上、バス路線にもなっています。道幅は決して広くはなく、右折車が1台でもあると後続車が詰まるような道路。それでもそのまま直進すると東上線をアンダーパスで抜けられるので、交通が集中するのです。

 その場所に消防本部を移し、川越街道の東側、つまり人口が集中するふじみ野駅周辺をカバーすることになるのでしょうが、果たしてそれで大丈夫なのかという心配があります。
 救急車到着までの時間は延びることが当然考えられますし、マンションの多いその地域で、はしご車の出番もあるかもしれません。あの道路を大きなはしご車がスムーズに出動できるのかという懸念もあります。

 市長は、専門機関の調査で大井総合支所入り口周辺が最適という報告があったことを根拠に、この場所に移転するのが合理的という説明を繰り返しています。
 しかし住民がその報告書を情報公開したところ、最適とされた場所は川越街道に面した「大井総合支所入口」交差点の付近、つまり大井サティ近くの交差点の辺りを指していることが分かったのです。その交差点からなら、ふじみ野駅周辺やその東側に行くにも道路は整備され、道幅も十分に広く、最適地とされたことも納得がいきます。

 本当にあの場所でよかったのか、議会でどういう議論があったのか、全く説明がありません。道路のことは誰も指摘しなかったのでしょうか。

 私は、消防本部の建て替えが必要であること、また用地を確保するためにやむなくあの場所を選んだこと自体は反対しません。しかし専門機関が最適としたのとは違う場所を移転先として決める以上、再度本当にあの場所でいいのかという調査をやり直し、必要であれば道路整備の計画もセットで予算化するべきだと考えます。

 個人的な考えではありますが、大井総合支所から川越街道を抜ける道として、行き止まりになっている桜通りの南側から給食センター跡地の横を通り、一方通行でふじみ野駅に抜ける道路の整備も視野にいれるべきではないかと思っています。

民部佳代後援会の事務所開きご案内

1月に民部佳代後援会が正式に発足しました。

また、活動拠点として自宅近くに事務所をお借りすることができました。ただいま、ボランティアの方の協力で、開設の準備を進めていることろです。

事務所開きは下記の通り。4月までの期間限定ですが、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

民部佳代後援会事務所 事務所開き

日 時:2011年2月19日(土)15:00~15:30
場 所:民部佳代後援会事務所
     ふじみ野市市沢2-8-17-102(地図
     TEL/FAX 049-293-7732 

ふじみ野駅西口から徒歩15分
駐車場に限りがあります。当日お車でお越しの場合は、アウトレットモールリズムまたは隣接のLCモール内有料駐車場をご利用ください。

ブログ再開です

ご無沙汰していました。

前回の選挙から4年。また新たな活動を始めたのをきっかけに、ブログを刷新して再開です。はやり、もう一度、足元をしっかり固めていきたいという思いもあり、生活に身近な市政改革に取り組んでいこうと思っています。

以前は、広く多くの人に情報を発信できるブログを活用していました。最近はダイレクトに反応のあるTwitterやmixiに重点が移りつつありますが、やはり少し丁寧な説明や議論が必要な記事はブログで発信していきたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いします。

Twitter: @mimbukayo
https://id.mixi.jp/3867120
Twitter プロフィール
アフラック募集代理店・ファイナンシャルプランナー・ふじみ野市議会議員・小学生の母。最近はfacebook中心。フォローミー。mixiもやっとります

人気ブログランキングへ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
mimbukayoをフォローしましょう
QRコード
QRコード