埼玉県ふじみ野市 民部佳代の市議会blog

ふじみ野市議会議員民部佳代のブログです。 議会のこと、市政運営のことなど、若干固めの話をゆっくり書いています。 日ごろの活動や考え方はtwitter、facebookで公開中。 公式サイトは http://mimbu.com

ふじみ野市の話題や政治の話題を分かりやすく普通の言葉で

就学援助を広く知らせて受けやすくー9月定例会

ふじみ野市の就学援助制度。2017年9月定例会で拡充する予算が提案されました。

これは低所得の家庭の子に給食費や学用品代などを支給する制度。9月8日の福祉教育常任委員会の審議でもう少し詳しいことが分かりましたので紹介します。

今回の補正額(当初の予算から増額する額)は2,637万円。

増額する理由は二つ。

一つは来年度入学する小学生・中学生の分から、入学前に入学準備金が支給できるように今年度の予算に組み込みました。

小学校入学の児童に対し40,600円を60人分、中学校入学の生徒に対し47,400円を140人分。合計で907万円分を予算計上しています。

小学生には就学前診断のとき、中学生には小学校を経由して、来年度入学予定の子どもたち全員にチラシで案内する予定です。前年(2016年)の所得を証明する書類を添えて12月までに申請してもらえば、3月上旬に入学準備金を支給できます。
それより後に失業などの事情で所得が低くなった場合でも、入学後に申請することができます。

0aeb6abd5ca25eedd06ba5d494b43090_s



さて補正予算の増額のもう一つの理由。
残りの1,730万円は、対象となる児童生徒の増加によるもの。
学用品費、校外学習費、修学旅行費、給食費が対象で、小学生は当初の見込み517人分を610人分に、中学生は当初の見込み329人分を450人分に増額しています。

所得が低い家庭が増えたというわけではなく、全ての児童生徒の家庭にプリント等でお知らせするなど周知を徹底することによって、今まで受給できていなかった家庭に給付できるようになったためとのこと。制度を充実させるだけでなく、運用でもふじみ野市はがんばっていますね。

委員会中の休憩中ですが、一部の委員からは援助を受ける子どもが多すぎるのではないか、そんなにいるわけがないという声もありました。

ふじみ野市の児童生徒は1学年で約1000人なので、就学援助を受ける子は小学生が約10人に1人、中学生が約6.6人に1人。算出の基準が違いますが、日本の子どもの相対的貧困率が13.9%、7人に1人と言われていることを考えれば、妥当な数字だと思います。

また質疑の中で、中学校の部活動費については、学用品などと同様に今後は援助の方向で検討をしているという答弁もありました。民部が6月定例会で質問した内容を、実現に向けて前向きに動いてくれているようです。
県内でも3市町しか実施していないことです。ふじみ野市は子育て施策の先進地としてがんばっています。


福祉教育常任員会の中では、今回の補正予算は珍しく日本共産党を含めて全員賛成となりました。
9月22日の本会議で、正式に決定します。






就学援助の拡充など予算化ー2017年9月定例会

9月1日にふじみ野市議会9月定例会が開会しました。
9月は主に前年度(2016年度)の決算を審査するのが大きな議案になりますが、それ以外の議案について簡単にお知らせします。

1.総合的な最上位計画

行政は長期的な計画をもって運営されますが、その基礎になるのが「最上位計画」です。
だいたい10年くらいの大まかな長期的な計画を作り、それを前期・後期に分け、さらにそれを具体的にした3年分の計画を毎年見直しながら運営します。

今までの計画が今年度で終わるので、来年度から13年間の計画が議案としてあがっています。

中身に触れると長くなるので、また議会の中で明らかになったことを含めてのちほど紹介します。


2.市議会議員選挙、市長選挙の公営に関する条例改正

各種選挙において候補者の経済的な負担が大きくならないよう、供託金を納めればポスター代や選挙カーのレンタル代など、一部の費用を公費で負担してくれる制度があります。

この度、公職選挙法が改正され、地方議員や市長選挙でも選挙期間中に候補者の政策やプロフィールなどを掲載した政策ビラを配布することができるようになりました。

それまではなんと、ビラを配ると費用がかかってお金のある候補者が有利になるという理由で地方選挙でビラを配ること自体が禁止されていたのです。選挙期間中、車載スピーカーで大きな音を出しながらグルグル回るのは、それしか方法がなかったから。

今回の公職選挙法でビラが解禁になったので、その費用を枚数を限定して公費で負担するための条例改正が提案されています。

f9325b7de6c027fc85f8a51bcaf7877a_s



3.一般会計補正予算

市の予算で今年度、新たに追加・削減されたものを抜粋して紹介します。

1)武蔵野テニスコート改修、弓道場整備等 △6,191万円

大井総合体育館周辺のスポーツゾーンの整備の予算です。土壌改良や弓道場の防矢ネットを高くするなどの費用が8千万円の増額です。工期も来年度まで伸びるため、今年度の予算としては減額、残りは来年度予算で対応です。


2)住民基本台帳システム改修 535万円

結婚で改姓しても、本人からの届出により住民票やマイナンバーカードに旧姓(行政用語では旧氏)を併記できるようにするための予算。国が方針を決めて、全国一律に運用されます。

これについては言いたいことがたくさんありすぎて、書ききれません。
時間があれば別の記事に書きたいと思いますが、私の目から見れば場当たり的な施策です。国の制度改正で費用も全額国の負担なので予算そのものには反対しませんが、混乱を招くだけで誰のメリットにもなりません。

3)まちづくり推進事業 △400万円

市の土地利用を計画的に進めるために作られる「都市計画マスタープラン」。
今回の定例会で提出された「最上位計画」に合わせて変更するため策定時期を遅らせ、今年度1000万円予算計上していたものを600万円に減額し、来年度以降の予算で対応します。総額で2,090万円になります。

4)就学援助・奨励費 2,637万円

所得が低い生徒・児童に学用品や校外学習の費用などを支給する就学援助制度。
新年度になって給付の申請をするため、小学校、中学校の入学準備金が支給される時期が7月ごろになってしまっていました。多くの自治体で、そのような運用がされています。

今回、ふじみ野市では入学前に申請を受け付けてランドセルなどの学用品の購入に間に合うよう、来年度入学の生徒・児童の就学援助・奨励費が予算計上されています。具体的には3月初旬に支給される計画のようです。また援助を受ける児童・生徒も増えているので、この金額になったとのことです。


市政レポート2017年夏号

2017年6月定例会の市政レポートができましたのでアップします。
議会報告201707表
議会報告201707裏


Twitter プロフィール
アフラック募集代理店・ファイナンシャルプランナー・ふじみ野市議会議員・小学生の母。最近はfacebook中心。フォローミー。mixiもやっとります

人気ブログランキングへ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
mimbukayoをフォローしましょう
QRコード
QRコード