埼玉県ふじみ野市 民部佳代の市議会blog

ふじみ野市議会議員民部佳代のブログです。 議会のこと、市政運営のことなど、若干固めの話をゆっくり書いています。 日ごろの活動や考え方はtwitter、facebookで公開中。 公式サイトは http://mimbu.com

ふじみ野市の話題や政治の話題を分かりやすく普通の言葉で

埼玉県で新立憲民主党が旗揚げ

立憲民主党が誕生して3年。
その間にも公文書の改ざん、閣僚経験者の不祥事、さらには短絡的な政治主導によるコロナ対策や大学入試改革の混乱など、一強多弱の国会運営で政治に緊張感が失われ国民生活にも影響が出ています。

この状況を変えるべく旧立憲民主党と旧国民民主党が解党したうえで合流。新しく立憲民主党が立ち上がり、その地方組織である埼玉県総支部連合会の設立大会が10月25日に行われました。

県内では、旧立憲民主党の国会議員、総支部長(次期衆議院候補予定者)、自治体議員は、全員新党に入党。旧国民民主党からも多くの議員と総支部長が入党し、新体制では国会議員7名、総支部長5名、自治体議員51名の合計63名でのスタートとなりました。

IMG_0951


総支部連合会の代表は大島敦衆議院議員が就任。
新党が地方議員の信頼の上に成り立っているとして、一つにまとまることを呼びかけました。

また党本部の立場で、枝野代表が挨拶。
コロナ禍で女性や若者で自ら命を絶つ人が増えていることにふれ、国民生活を守るために合流新党を呼びかけた、次の総選挙では菅か枝野かを選んでもらう政権選択の選挙にしたいと、新党結成に向けての思いを訴えました。

民部は、埼玉県連でジェンダー平等推進委員長に就任しました。

安倍政権では女性活躍推進を掲げましたが、指導的立場にいる女性の登用は進まず、女性の正規雇用は減り非正規化が進み、「女性はいくらでも嘘をつく」などジェンダーに対する偏見も目立ちます。

選択的夫婦別姓や性犯罪に対する向き合い方など、ジェンダーに関する政策は立憲民主党と自民党との違いが最も現れる分野です。女性議員の多い立憲民主党ならではの取り組みを行えればと思います。



子どものインフルエンザワクチンも全額補助

これから冬にかけてインフルエンザが増えるシーズン。新型コロナウイルス感染症の同時流行で、医療体制に負担がかかることが懸念されています。

そこでふじみ野市では今年度に限り、65歳以上の高齢者、生後6か月から中学3年生までの子ども、妊婦を対象に、自己負担なしで予防接種が受けられるようになりました。

9月25日、ふじみ野市議会9月定例会の最終日。
これらの費用が補正予算として提案され、全会一致で可決されました。

以下、質疑の中で明らかになったことです。


事業の内容

65歳以上の高齢者については、例年は1回1500円だった自己負担分を市が負担します。
60歳以上、65歳未満で免疫機能に障害がある方(身体障害者手帳1級程度の方)も対象です。

加えて生後6か月の誕生日前日から中学3年生までの子どもと妊婦も、通常は1回4000円程度かかる費用を全額市が補助します。なお12歳までの子どもは4週間程度の間隔をあけて2回接種、13歳以上は通常1回接種です。回数やスケジュール等については、医師にご相談ください。

高齢者は定期接種、子どもと妊婦は任意接種となります。( 定期接種と任意接種の違い )


実施期間

2020年10月1日から2021年1月31日までの接種が対象です。その期間を過ぎると全額自己負担になるので、注意してください。

なお厚生労働省から高齢者以外は接種時期を10月26日以降に遅らせるようにとの協力のお願いが出ていますが、あくまで「お願い」であり、ふじみ野市では対象の年齢であれば10月1日から市の負担で接種できるとのことです。特に子どもは免疫を得るために2回接種が必要なことから、早めに接種したほうがよさそうです。

医療機関ではすでに今年のインフルエンザワクチンの予約が始まっています。今年はワクチンを確実に確保するため、予約のみ受け付けているところもあるようです。


3852838_m


今回の議案審議の調査で知ったことですが、子どものインフルエンザワクチンは1994年まで定期接種だったそうです。インフルエンザは子どもが集団生活をおくる学校が感染の源となることが多く、子どもに対して感染予防をすれば社会全体での流行が防げるとされていたからです。

その後、ワクチンに対する不信感や子どもにだけ接種するのは人権侵害ではないかなどの世論に押されて任意接種となり、「病気は個人が防ぐもの」という意識に変わってきました。

しかし今回の新型コロナウイルス感染症の拡大をみれば、感染症は個人で防げるものではなく、やはり社会全体で取り組まなければならない問題だということが分かります。

高齢者や子供に限らず、人と接する機会が多い人はインフルエンザワクチンを接種して感染拡大に協力したほうがよさそうです。



住民票のコンビニ交付を検討-9月定例会一般質問

マイナンバーカードを使ってコンビニのマルチ端末で住民票の写しや課税証明書などを交付するコンビニ交付。

一般質問で過去に何度も取り上げましたが、ふじみ野市ではマイナンバーカードが普及していないことを理由に先送りになっていました。

マイナポイントを目的にマイナンバーカードを作る人も増えてきたので改めて9月定例会で実施の予定を質問したところ、導入に向けて予算要求をしているとのこと。
早ければ来年度(2021年度)から、利用できるようになります。


my_number_card2


実現すれば、利用者は休日や夜間でも身近なコンビニで各種証明書が発行できるほか、紙に書かれた申請書を入力したり手数料を現金で徴収するなど窓口業務も削減できます。
また対面でやり取りする必要もないので、新型コロナウイルス感染症対策にもつながります。

私が住んでいる地域(ふじみ野駅の南側)は市役所の本庁舎、大井総合支所、上福岡駅のサービスセンター、いずれに行くにも徒歩で30分以上。窓口に行くのが不便だという声も多かったので、コンビニ交付は本当に助かります。


一般質問で分かったこと。

Q マイナンバーカードの普及率は
A 8月31日現在で22.4%。県平均18.7%を上回っている。

Q 県内でコンビニ交付を行っている市町村は。
A 63団体中34団体。

Q 国からの財政措置は。
A 令和元年度までに導入する団体が対象だった特別交付税措置が延長された。令和4年度までに導入すれば、導入経費の2分の1が最大3年間交付される。

Q ふじみ野市の予定は。
A 令和3年度からの3か年実施計画策定で予算要求している。交付件数が多い住民票の写し、印鑑登録証明、課税(非課税)証明および納税証明を対象にしたい。


マイナンバーカード。今どき暗証番号じゃなくて生体認証にしたら?とか、紛失する恐れのあるカードじゃなくてスマホのアプリでいいでしょとか、中途半端な仕様にはいろいろと言いたいこともありますが、せっかく大変なコストをかけて導入しているものなので、マイナポイント以外にもっと活用できるものにしてもらいたいと思います。



Twitter プロフィール
アフラック募集代理店・ファイナンシャルプランナー・ふじみ野市議会議員・小学生の母。最近はfacebook中心。フォローミー。mixiもやっとります

人気ブログランキングへ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

mimbukayoをフォローしましょう
QRコード
QRコード