埼玉県ふじみ野市 民部佳代の市議会blog

ふじみ野市議会議員民部佳代のブログです。 議会のこと、市政運営のことなど、若干固めの話をゆっくり書いています。 日ごろの活動や考え方はtwitter、facebookで公開中。 公式サイトは http://mimbu.com

ふじみ野市の話題や政治の話題を分かりやすく普通の言葉で

私が民主党に入ったわけ-枝野幸男さんとの出会い

どうして民進党(民主党)なの?と時々聞かれます。
私が民主党に入ったのは、枝野さんがいたから。1999年に枝野さんが総支部長をつとめる民主党埼玉5区にサポーター登録して、その後、選挙に出ることになって、2002年に私の住所がある埼玉8区で党員登録しました。

1999年に私が結婚するとき、自分が今まで長く使っていた名前が変わってしまうことに違和感を持っていました。当時はいわゆる選択的夫婦別姓制度の導入に向けた機運が高まっており、1996年に法務省の法制審議会が法案を答申、あとは国会での審議を待つばかりという状況。
だったらとりあえず結婚式は挙げて婚姻届けを出すのは法律が変わってからにしようと、不安な気持ちを抱えながらも結婚生活を始めたばかりのころでした。

法改正に向けて署名活動したり国会議員に手紙を書いたりしているうちに出会ったのが枝野さん。
自宅から近いということもあり、大宮で毎月開催されるオープンミーティングに出かけて話を聞くようになりました。当時の私にとって、生の国会議員に会いに行けるなんて画期的なことでした。

mv02


ある日のオープンミーティングの質疑応答のとき、枝野さんの支援者と思われる男性が発言。
「私は枝野さんの政策は全て共感して熱心に応援しているが、選択的夫婦別姓を認めることだけは許さない」と強い口調で枝野さんに詰め寄りました。

そのときの枝野さん。
「名字を一緒にしなくてもいいと夫婦が互いに合意しているのであれば、公共の福祉に反することがない限り国家が口を出すべきことではない」とはっきりと答えたのです。
有権者、特に支援者の顔色をうかがって耳障りのいいことを言う政治家しか知らなかった私にとって、これ以上に心強い言葉はありませんでした。

その後、枝野事務所のスタッフの「会合に呼んでください」という呼びかけに、当時、一緒に署名活動などをしていた10人位の小さな飲み会を開き、枝野さんに来てもらいました。
今考えたら国会議員を呼ぶには人数も少ないし、そもそもその中に枝野さんの選挙区に住む有権者はなく、枝野さんにとって一票にもならない飲み会。そんなところに時間を割いて来てくれて、挨拶だけではなく一緒に杯を重ねてくれました。

もう20年近く前のことですが、その時の会話で鮮明に覚えているのが二つ。

将来は総理大臣を目指すのですか?の質問に、「自分は総理ではなく、できればスポークスマンである官房長官をやってみたい。国民と対話する窓口になりたい」と答えた枝野さん。

それから十数年が過ぎ、あの時の目標は現実に。
3.11東日本大震災とそれに伴う原発事故で官房長官として不眠不休で対応し、「#枝野寝ろ」の流行語までできました。それこそ戦後最大の国難であり、情報が錯綜し混乱する中で、当時、知りえる情報を国民に分かりやすい言葉で伝えた枝野さん。
あの時の評価は今でも色々あるようですが、今の安倍政権、菅官房長官だったらと思うとぞっとします。都合の悪い記録は破棄され、お決まりのフレーズ、「何ら問題はない」の連発だったはず。この国に枝野さんがいてくれてよかったと心から思います。


そして、もう一つの枝野さんとの会話。国会再編について。
「アメリカの共和党と民主党が人工中絶禁止か容認かで分かれているように、日本では選択的夫婦別姓がキャスティングボードになりえるんじゃないか」

もちろん集まったメンバーを意識したということもあったのでしょうが、枝野さんの軸はここにあると思います。夫婦の名前のことだけでなく、ひとり親家庭やLGBTの人、生涯独身の人、障がい者や高齢者、働く女性の問題、子育て・介護する男性の問題など、多様性を認めること個人の自由や権利を守るために国家権力の介入は最小限にすること。

虐待する親、暴力をふるう夫(妻)もいるのに、生涯独身の人もいるのに、その存在には目を背け、「家族は助け合わなければならない」と憲法草案(第24条)に書き込む自民党。働けなくなった時の生活の保障や介護や子育ても、家族の自助努力を国家が求めていることが大きな対立軸です。

DSC_1953


立憲主義とは、国家権力を憲法で制限すること。個人の生命、財産、自由や権利は、公共の福祉に反しない限り、最大限尊重されること。

あの時の本当に小さな会合での枝野さんの二つの目標。
その二つ目がいま実現しようとしていることに、ワクワクしています。

私はいまはまだ民進党に籍を置いています。本来、地方議員が離党するときは県連の常任幹事会の承認が必要で、いまはその手続きすら進められない状況です。でも衆議院選挙後、そもそも常任幹事会がどうなっているのか。いずれにしても選挙後に参議院議員や地方議員、党員・サポーターの扱いをどうするのか議論されることと思います。

そして自分自身が選択できるときがくれば、ブレずに枝野さんについていこうと思います。

衆議院選挙・民部の考え

前原代表が希望の党への合流を決め、両院総会で承認された民進党の衆議院選挙の公認問題。
党内でもいろいろな混乱がありましたが、10月3日に希望の党の一次公認が発表されました。

このふじみ野市においては、埼玉県第7選挙区(川越市、ふじみ野市の旧上福岡市地域、富士見市)で小宮山泰子、埼玉県第8区選挙区(所沢市、ふじみ野市の旧大井町地域、三芳町)ではおのづか勝俊が民進党を離党し、希望の党公認で立候補することが決まりました。

今日はそのお二人に会う機会があり、その思いを聞きました。


「国会で政策を実現するにはまずは議席を取らなければならない。希望の党の候補者は民進党の出身者が大多数で、選挙後は私たちが主導権を持つことができる。そのように働きかける」というのが小宮山泰子候補予定者の考え。

20170928yasko2


またおのづか勝俊候補予定者も、「国民の多くが森友・加計問題で行政がゆがめられたのではないかと思っている。安倍総理に近い人に物事が有利に進んだが、それは国民から預かった税金だ。解散でその問題をうやむやにしてしまった。安倍政権にストップをかけるためには、反自民の選択として希望の党で戦う」とのこと。

19397038_813637582133385_3281535601106697233_n


さて今回の選挙において、私の立場を少し説明。

民進党は、まだ政党として存在しています。
今回は衆議院選挙の候補者は一部が希望の党に移り、枝野さんが立ち上げた立憲民主党から立候補したり無所属で出る人もいますが、参議院議員、地方議員、党員・サポーターは民進党の構成員として残っています。

当初、前原代表の説明では、民進党の候補者はほぼそのまま希望の党から立候補する、民進党は希望の党を全力で支援するという話でした。

ところが候補者の公認の段階で、当初の説明とは違う動きがでてきました。
その前提が崩れた以上、私たち地方議員としては、希望の党を無条件で全力で支援することはできません。

今後、地方議員がどの政党を支援するかは、それぞれの個人の判断になるかと思います。

私は、権力の暴走を許さない、憲法というルールのもとで権力をコントロールする立憲主義。そして国民である私たちが納得がいく政治を行う、つまり国民の代表である国会で丁寧に議論を重ねて説明していく民主主義を守る政党を支援したいと思っています。

ただし先に説明した通り、今、私は民進党に党籍があります。
私だけでなく、私がお誘いして民進党に入党してくださった党員・サポーターがいます。
今後、どうするかは、党員・サポーターとも相談の上、決めたいと思います。

そして衆議院選挙。私の住むふじみ野市には、民進党の候補者はいません。
でも安倍政権の暴走を止めなければならないという思いは、ずっと持ち続けています。

どの党に移ろうと、安倍政権を止めるというスタンスが変わらない限り、小選挙区では小宮山泰子さん、おのづか勝俊さんの二人を応援していくつもりです。

就学援助を広く知らせて受けやすくー9月定例会

ふじみ野市の就学援助制度。2017年9月定例会で拡充する予算が提案されました。

これは低所得の家庭の子に給食費や学用品代などを支給する制度。9月8日の福祉教育常任委員会の審議でもう少し詳しいことが分かりましたので紹介します。

今回の補正額(当初の予算から増額する額)は2,637万円。

増額する理由は二つ。

一つは来年度入学する小学生・中学生の分から、入学前に入学準備金が支給できるように今年度の予算に組み込みました。

小学校入学の児童に対し40,600円を60人分、中学校入学の生徒に対し47,400円を140人分。合計で907万円分を予算計上しています。

小学生には就学前診断のとき、中学生には小学校を経由して、来年度入学予定の子どもたち全員にチラシで案内する予定です。前年(2016年)の所得を証明する書類を添えて12月までに申請してもらえば、3月上旬に入学準備金を支給できます。
それより後に失業などの事情で所得が低くなった場合でも、入学後に申請することができます。

0aeb6abd5ca25eedd06ba5d494b43090_s



さて補正予算の増額のもう一つの理由。
残りの1,730万円は、対象となる児童生徒の増加によるもの。
学用品費、校外学習費、修学旅行費、給食費が対象で、小学生は当初の見込み517人分を610人分に、中学生は当初の見込み329人分を450人分に増額しています。

所得が低い家庭が増えたというわけではなく、全ての児童生徒の家庭にプリント等でお知らせするなど周知を徹底することによって、今まで受給できていなかった家庭に給付できるようになったためとのこと。制度を充実させるだけでなく、運用でもふじみ野市はがんばっていますね。

委員会中の休憩中ですが、一部の委員からは援助を受ける子どもが多すぎるのではないか、そんなにいるわけがないという声もありました。

ふじみ野市の児童生徒は1学年で約1000人なので、就学援助を受ける子は小学生が約10人に1人、中学生が約6.6人に1人。算出の基準が違いますが、日本の子どもの相対的貧困率が13.9%、7人に1人と言われていることを考えれば、妥当な数字だと思います。

また質疑の中で、中学校の部活動費については、学用品などと同様に今後は援助の方向で検討をしているという答弁もありました。民部が6月定例会で質問した内容を、実現に向けて前向きに動いてくれているようです。
県内でも3市町しか実施していないことです。ふじみ野市は子育て施策の先進地としてがんばっています。


福祉教育常任員会の中では、今回の補正予算は珍しく日本共産党を含めて全員賛成となりました。
9月22日の本会議で、正式に決定します。






Twitter プロフィール
アフラック募集代理店・ファイナンシャルプランナー・ふじみ野市議会議員・小学生の母。最近はfacebook中心。フォローミー。mixiもやっとります

人気ブログランキングへ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
mimbukayoをフォローしましょう
QRコード
QRコード