埼玉県ふじみ野市 民部佳代の市議会blog

ふじみ野市議会議員民部佳代のブログです。 議会のこと、市政運営のことなど、若干固めの話をゆっくり書いています。 日ごろの活動や考え方はtwitter、facebookで公開中。 公式サイトは http://mimbu.com

ふじみ野市の話題や政治の話題を分かりやすく普通の言葉で

ふじみ野市の性教育は?-12月定例会で質問します

ふじみ野市では小中学生にどれだけきちんとした性教育を行っているんだろう?

熱心に性教育に取り組んでいる埼玉医科大学の産婦人科医、高橋幸子先生。
高橋先生の活動を新聞記事で読んだのをきっかけにFacebookでつながり、以来、性教育についていろいろと情報をもらっています。

性教育というと、性交や避妊について教えることと思いがち。
でもその本質は、自分と大切な人の身体を守るための必要な知識だと改めて考えるようになりました。

例えば小学校低学年の子にも「水着で隠れるところはプライベートゾーン。他人に見せたり触らせてはいけない自分だけの大切な場所」と教える。

子どもが不審者に狙われないための防犯教室は小学校でも行われていますが、性暴力は見知らぬ不審者ではなく、親族や習い事の指導者、近所の上級生など、身近な人が加害者になることも少なくありません。

でも子どもは大人に対して、おかしいな、嫌だなと思っても抵抗できない。内緒だよと言われたらその約束を守ってしまう。それはいけないことだと教えることが、自分の身を守ることにつながるのです。

では学校では実際にどのような性教育が行われているのでしょう。
先日、川越市の公立中学校で行われている性教育の授業を見学してきました。

20181127_005932213_iOS

講師は前述の高橋幸子先生。生徒は中学3年生です。

LGBTから始まり、交際の12の段階、デートDV、お互いの同意、性交、妊娠、出産、避妊、性感染症など、将来、いつか自分や身近な人が経験することを、2コマ(90分の授業)で教えていきます。

性感染症にも詳しく触れていて、誰にでもうつる可能性があることや不妊の原因にもなりうることを生徒たちに伝えていきます。

またいま妊娠したらどうなるか、将来子どもが欲しいなと思うならいつ頃がいいのかなど、生徒のこれからを考えさせる内容も。これから大人になる全ての子に知っていてほしいと思いました。

川越市は全ての中学校で、産婦人科医など外部講師を招いての性教育ができるよう保健所が予算をとっています。埼玉県内では、他に熊谷市、草加市、志木市、八潮市が、外部講師による性教育が行われているそうです。

残念ながらふじみ野市では、その予算がとられていません。
学習指導要領では保健体育と道徳で心身の成長や男女の違いを学びますが、どこまで自分の身体を守るために必要な知識を教えているのか。

12月議会の一般質問では、性教育について取り上げたいと思っています。

私の一般質問は12月11日(火)の午後1時15分からを予定しています。(他の議員の質問次第で前後する可能性があります。)

他に、がん対策、成人式についても質問します。

お時間があれば、ぜひ傍聴にいらしてください。
ふじみ野市役所本庁舎4階で傍聴の受付を行っています。





立憲オープンミーティングin川越を開催

立憲民主党の結党から1年。

まだ地方議員も少ない政党ですが、埼玉県西部の自治体議員とともに川越でイベントを開催することになりました。


当日は枝野代表を招き、参加者からの質問に答える形で双方向のトークイベントにしたいと思っています。お近くの方はぜひお越しください。


オープンミーティングバナー

11月16日(金) 19:00~20:30(18:30開場)
ウエスタ川越 多目的ホール
埼玉県川越市新宿町1丁目17-17

JR川越線、東武東上線「川越駅」西口より徒歩5分


どなたでも参加できますが、警備の都合上、事前の申し込みが必要です。
参加ご希望の方はwebからお申込みいただくか、民部までメール(kayo@mimbu.com)にて参加する方全員の氏名、住所、電話番号をお知らせください。

申し込みはここをクリック


成人の眼科検診に助成をー一般質問で登壇します。

9月定例会での一般質問。民部は、9月14日(金)の9時半から登壇します。
ふじみ野市役所4階で受付をすれば、どなたでも傍聴できます。
お時間ある方はぜひ傍聴にお越しください。傍聴人が多いと、やる気がでます。


今回のテーマは4つ(順不同)

1.成人の眼科検診に助成を
2.小中学生の自転車安全利用
3.コワーキングスペースを活用した起業支援
4.消防団員の準中型免許取得に補助を


FE82E047-D270-45AE-B2A9-13AFA9070951


写真は最近何かと手放せなくなった眼鏡。
単なる老眼だろうなと市販のものを買って使ってましたが、そういえば眼科検診って受けられるんだっけ? 私は国民健康保険。市の制度で歯科検診の助成がありますが、眼科検診は対象ではありません。
高齢になって緑内障などで失明する人もいますが、本当は40歳過ぎたら定期的に検診したほうがいいとのこと。

そんなことを踏まえて、質問します。

Twitter プロフィール
アフラック募集代理店・ファイナンシャルプランナー・ふじみ野市議会議員・小学生の母。最近はfacebook中心。フォローミー。mixiもやっとります

人気ブログランキングへ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
mimbukayoをフォローしましょう
QRコード
QRコード