埼玉県ふじみ野市 民部佳代の市議会blog

ふじみ野市議会議員民部佳代のブログです。 議会のこと、市政運営のことなど、若干固めの話をゆっくり書いています。 日ごろの活動や考え方はtwitter、facebookで公開中。 公式サイトは http://mimbu.com

ふじみ野市の話題や政治の話題を分かりやすく普通の言葉で

2020年市政報告・交流会のご案内

ふじみ野市議会議員 民部佳代の1年間の活動報告ののち、参加者との交流会を行います。

日ごろ聞けない市政のことや、国政での動きなど、率直なご意見をお聞かせください。
立憲民主党くまがい裕人参議院議員など、民部とつながりの深い国会議員も参加の予定です。

いままで面識のない方も、一度民部と会ってみたいという動機で構いませんので、ご参加お待ちしています。



84621032_793498961146191_1857739304466382848_o

日時:2020年2月23日(日)18時~19時30分(17時30分開場)

会場:ふじみ野市立産業文化センターギャラリー
埼玉県ふじみ野市うれし野2-10-48
TEL:049-269-4811

会費:3000円
(ブッフェ形式のお食事とお飲み物をご用意しています)

申し込み方法:メール( kayo@mimbu.com)、LINE (@minbukayo )
当日参加も可能ですが、席の準備の都合上、事前にご連絡いただければ幸いです。

なお会場に駐車場はありませんので、お車の方は隣接するソヨカふじみ野の有料駐車場をご利用ください。 


こんな意見がありました 立憲カフェ in ふじみ野

11月23日に行われた立憲カフェinふじみ野。
参議院議員の熊谷裕人さんを交えて開催されました。

77059373_731451214017633_1686860057750274048_n

参加者から自由に意見を言ってもらう形にしましたが、「桜を見る会」について怒りの声が多く寄せられました。
また救急車は有料化にしては?とか、社会保障の財源の話など。
いただいた意見も含めてこれからの社会をどう支えるか、国の方で議論されることと思います。
市政については、以前に私が一般質問で取り上げた無電柱化の問題。
台風15号での千葉県での被害を見て、引き続きしっかり進めて欲しいとのご意見をいただきました。
さらに認知症高齢者が起こした事故の賠償をどう考えるかという声もありました。私が委員長を務める生活福祉常任委員会でもその問題について取り組みたいと思い、社協で保険をかけている海老名市に視察に行ったことを報告しました。
他にもミラーをつけて欲しい、通学路の安全対策をして欲しいなど、具体的な要望もいただきました。
今後も定期的に開催して欲しいとの意見もありましたので、年に数回やっていきたいと思います。 また国会見学会も行いたいですね。

台風19号の被害と災害救助法

まずはこの度の台風19号で被災した皆様に心よりお見舞い申し上げます。


ふじみ野市は2年前、それまでの長雨と台風21号による豪雨で、川越市との市境を流れる川越江川が増水。元福岡を中心にふじみ野市だけで233棟(256世帯)が床上浸水、川越市と合わせると450世帯を超える大きな浸水被害がありました。

その経験から、今回の台風では、公共施設の閉鎖、早期の避難所の開設、住民への呼びかけ、増水時のポンプ車の配置など、被害を最小限に抑える努力をしました。

市の避難所も、当初準備してた上福岡公民館、上野台小学校はすぐに満員。すぐに他の避難所も開設、合計で6か所の避難所で受け入れを行いました。

マスコミによる注意喚起や過去の浸水被害の記憶も新しく、大勢の住民が避難行動をとりました。

幸いにも人的被害は今のところ報告を聞いていませんが、それでも水宮、元福岡の一部で家屋の床上浸水があった聞いており、現在、市も被害状況の把握を行っているところです。

県内では越辺川、入間川など、いくつかの川が氾濫。県西部を中心に複数の自治体で災害救助法が適用されました。


72234969_2396815823749776_6962919856932913152_o


災害救助法は災害に見舞われた市に対して県が認定。適用された自治体に対しては、避難所の設置や炊き出し、被災者の救出、住宅の応急修理、土砂など障害物の撤去、学用品の給付などが、国と県の費用で賄われます。

ところが地図を見てわかる通り被災した県西部のうち、ふじみ野市と戸田市だけが災害救助法の適用になっていません。もちろん、ふじみ野市だけが被害がなかったというわけではありません。

災害救助法が適用になるには被災した家屋の件数などの条件があります。しかし災害時にどれだけの被害を受けたかが分かるのは、ある程度時間がたってから。でも避難所の開設や被災者の救出はそれでは間に合いません。

そこで被害の全容が分からなくても、「多数の者が生命又は身体に危害を受け又は受けるおそれが生じた場合」であれば、災害救助法を適用することができるのです。

実は2年前の浸水被害でも市は増水した時点で被害状況を報告したが、被災した件数が基準の数に達していないとの理由で、適用になりませんでした。

民部はその後の12月議会でその問題を質問し、今後は被害状況が分からなくても災害が起きた時点で速やかに災害救助法の適用をしてほしいと要望もしました。

市職員も今回はとてもよく対応してくれたと、市民から感謝も寄せられています。
今後の復興に対して国・県とどこまで連携できるのか分かりませんが、ふじみ野市が取り残されることのないように対応してほしいと思います。


【追記】災害救助法の件、10月19日になってふじみ野市も発災時に遡って適用となりました。
大野知事をはじめ、適用に向けて調整してくださった関係者各位に改めてお礼申し上げます。

http://www.bousai.go.jp/pdf/r1typhoon19_relief10.pdf

Twitter プロフィール
アフラック募集代理店・ファイナンシャルプランナー・ふじみ野市議会議員・小学生の母。最近はfacebook中心。フォローミー。mixiもやっとります

人気ブログランキングへ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
mimbukayoをフォローしましょう
QRコード
QRコード